1.

図書

図書
大江, 健三郎(1935-) ; 安部, 公房(1924-1993) ; 開高, 健(1930-1989)
出版情報: 東京 : 新潮社, 1971.7
シリーズ名: 日本文学全集 ; 44
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
不意の唖 大江健三郎
後退青年研究所 大江健三郎
性的人間 大江健三郎
空の怪物アグイー 大江健三郎
走れ、走りつづけよ 大江健三郎
デンドロカカリヤ 安部公房
壁(S.カルマ氏の犯罪、赤い繭、洪水、魔法のチョーク、事業) 安部公房
水中都市 安部公房
安部公房
無関係な死 安部公房
時の崖 安部公房
輝ける闇 開高健
不意の唖 大江健三郎
後退青年研究所 大江健三郎
性的人間 大江健三郎
2.

図書

図書
大岡昇平 [ほか] 著
出版情報: 東京 : 小学館, 1987.3
シリーズ名: 昭和文学全集 / 井上靖 [ほか] 編 ; 16
所蔵情報: loading…
3.

図書

図書
大江, 健三郎(1935-) ; 金井, 利博(1914-)
出版情報: 東京 : ほるぷ出版, 1983.8
シリーズ名: 日本の原爆文学 / 「核戦争の危機を訴える文学者の声明」署名者企画 ; 9
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
ヒロシマ・ノート
核状況のカナリア理論 大江健三郎著
核権力ーヒロシマの告発 金井利博著
解説 大江健三郎著
解題 黒古一夫著
ヒロシマ・ノート
核状況のカナリア理論 大江健三郎著
核権力ーヒロシマの告発 金井利博著
4.

図書

図書
石川, 淳(1899-1987) ; 安部, 公房(1924-1993) ; 大江, 健三郎(1935-)
出版情報: 東京 : 筑摩書房, 1969.5
シリーズ名: 現代日本文學大系 ; 76
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
普賢 石川淳
曾呂利咄 石川淳
無尽燈 石川淳
焼跡のイエス 石川淳
堯舜 : おとしばなし 石川淳
片しぐれ 石川淳
石川淳
紫苑物語 石川淳
霊薬十二神丹 石川淳
喜寿童女 石川淳
S・カルマ氏の犯罪 : 壁 安部公房
赤い繭 安部公房
バベルの塔の狸 安部公房
闖入者 安部公房
鉛の卵 安部公房
無関係な死 安部公房
時の崖 安部公房
詩人の生涯 安部公房
芽むしり仔撃ち 大江健三郎
死者の奢り 大江健三郎
人間の羊 大江健三郎
不意の唖 大江健三郎
後退青年研究所 大江健三郎
普賢 石川淳
曾呂利咄 石川淳
無尽燈 石川淳
5.

図書

図書
石原, 慎太郎(1932-) ; 開高, 健(1930-1989) ; 大江, 健三郎(1935-)
出版情報: 東京 : 中央公論社, 1968.2
シリーズ名: 日本の文学 / 谷崎潤一郎 [ほか] 編 ; 76
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
太陽の季節 石原慎太郎著
処刑の部屋 石原慎太郎著
行為と死 石原慎太郎著
パニック 開高健著
裸の王様 開高健著
流亡記 開高健著
二重壁 開高健著
五千人の失踪者 開高健著
死者の奢り 大江健三郎著
芽むしり仔撃ち 大江健三郎著
セヴンティーン 大江健三郎著
太陽の季節 石原慎太郎著
処刑の部屋 石原慎太郎著
行為と死 石原慎太郎著
6.

図書

図書
大江健三郎 [著] ; 刘光宇, 李正伦等译
出版情報: 北京 : 光明日报出版社, 1995.5
シリーズ名: 大江健三郎作品集 / 叶渭渠主編
所蔵情報: loading…
7.

図書

図書
大江健三郎著
出版情報: 東京 : 新潮社, 1996.12
シリーズ名: 大江健三郎小説 / 大江健三郎著 ; 7
所蔵情報: loading…
目次情報:
「雨の木」 (レイン・ツリー) を聴く女たち
新しい人よ眼ざめよ
静かな生活
「雨の木」 (レイン・ツリー) を聴く女たち
新しい人よ眼ざめよ
静かな生活
8.

図書

図書
安部公房, 大江健三郎著
出版情報: 東京 : 学習研究社, 1970.4
シリーズ名: 現代日本の文学 / 足立巻一 [ほか] 編 ; 47
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
消されていく旅 : 阿部公房文学紀行 / 清水邦夫[著]
けものたちは故郷をめざす / 清水邦夫著
魔法のチョーク / 清水邦夫著
デンドロカカリヤ / 清水邦夫著
闖入者 / 清水邦夫著
「谷間の村」を訪ねて : 大江健三郎文学紀行 / 松原新一[著]
芽むしり仔撃ち / 大江健三郎著
飼育 / 大江健三郎著
不意の唖 / 大江健三郎著
後退青年研究所 / 大江健三郎著
アトミック・エイジの守護神 / 大江健三郎著
消されていく旅 : 阿部公房文学紀行 / 清水邦夫[著]
けものたちは故郷をめざす / 清水邦夫著
魔法のチョーク / 清水邦夫著
9.

図書

図書
大江健三郎著
出版情報: 東京 : 新潮社, 1966.4-1978.2
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1期 1: 奇妙な仕事
死者の奢り
他人の足
偽証の時
飼育
人間の羊
運搬
芽むしり 仔撃ち
見るまえに跳べ
本当に文学が選ばれねばならないか?
第1期 2: 暗い川 おもい櫂
不意の唖
喝采
戦いの今日
われらの時代
ここより他の場所
共同生活
ハックルベリー・フィンとヒーローの問題
第1期 3: 青年の汚名
上機嫌
勇敢な兵士の弟
下降生活者
幸福な若いギリアク人
セヴンティーン
不満足
スパルタ教育
作家は絶対に反政治的たりうるか?
第1期 4: 後退青年研究所
遅れてきた青年
作家は文学によって何をもたらしうるか?
第1期 5: 叫び声
日常生活の冒険
作家としてどのように書くか?
第1期 6: 性的人間
敬老週間
アトミック・エイジの守護神
空の怪物アグイー
ブラジル風のポルトガル語
犬の世界
個人的な体験
作家自身にとって文学とはなにか?
第2期 1: 万延元年のフットボール
詩が多様に喚起する : わが猶予期間(モラトリアム)3
第2期 2: 走れ、走りつづけよ
生け贄男は必要か
狩猟で暮らしたわれらの先祖
核時代の森の隠遁者
なぜ詩でなく小説を書くか、というプロローグと四つの詩のごときもの
表現生活についての表現 : わが猶予期間(モラトリアム)1
第2期 3: 父よ、あなたはどこへ行くのか?
われらの狂気を生き延びる道を教えよ
みずから我が涙をぬぐいたまう日
月の男(ムーン・マン)
二つの中篇をむすぶ作家のノート
プロローグのための短い小説=沈黙の講演者
現実世界の乗り超え : わが猶予期間(モラトリアム)2
第2期 4: 洪水はわが魂に及び 上巻
喚起力としての女性的なるもの : わが猶予期間(モラトリアム)5
第2期 5: 洪水はわが魂に及び 下巻
危機的な結び目の前後 : わが猶予期間(モラトリアム)6
第2期 6: ピンチランナー調書
恐怖にさからう道化 : わが猶予期間(モラトリアム)4
第1期 1: 奇妙な仕事
死者の奢り
他人の足