>> Google Books
タイトル、所在を表示します

フィールドワークの技法と実際

フォーマット:
図書
責任表示:
箕浦康子編著
言語:
日本語
出版情報:
京都 : ミネルヴァ書房, 1999-
形態:
冊 ; 21cm
著者名:
箕浦, 康子(1939-) <DA00482273>  
目次情報:
2: フィールドワークにおけるポジショニング 箕浦康子 [著]
フィールドノーツの分析 箕浦康子 [著]
分析結果の解釈とエスノグラフィーの書き上げ 箕浦康子 [著]
アクションリサーチ 箕浦康子 [著]
言語と身体の違いを越えて関係を構築する : アフリカのろう者コミュニティにて 亀井伸孝 [著]
フィールドでダブルロールを担うとき : ニューカマーの子どもの文化的アイデンティティ研究から 真鍋眞澄 [著]
モノが語る意味 : 国際結婚家庭における居住空間デザインと身体装飾 矢吹理恵 [著]
マルチボーカル・ビジュアルエスノグラフィー : 日,米,香港における比較青年研究の例 清水秀規 [著]
膨大な記述の整理と分析ツールとしてのPCソフト : 院内学級における教育的援助研究を例に 谷口明子 [著]
リサーチクエスチョンを絞り込む : 外国語指導助手の日本における異文化体験研究から 浅井亜紀子 [著]
リサーチクエスチョンを変えていく : 福祉施設「ユリノキ村」における「逸脱多発」を読み解くまで 山本直美 [著]
微視的データからマクロ要因を読み解く : なぜ教師は疲弊するのか 落合美貴子 [著]
フィールドと書斎の往復プロセス : タイ農村における国家・学校・子どもの研究から 野津隆志 [著]
エスノグラフィーの限界と可能性 : ニューカマーの子どもたちと参加型アクションリサーチをめぐって 清水睦美 [著]
研究と実践の往還を越えて : パラグアイにおける開発援助と参加型アクションリサーチ 藤掛洋子 [著]
2: フィールドワークにおけるポジショニング 箕浦康子 [著]
フィールドノーツの分析 箕浦康子 [著]
分析結果の解釈とエスノグラフィーの書き上げ 箕浦康子 [著]
アクションリサーチ 箕浦康子 [著]
言語と身体の違いを越えて関係を構築する : アフリカのろう者コミュニティにて 亀井伸孝 [著]
フィールドでダブルロールを担うとき : ニューカマーの子どもの文化的アイデンティティ研究から 真鍋眞澄 [著]
続きを見る
書誌ID:
BA89820733
ISBN:
9784623053551 [4623053555] (2)
子書誌情報
Loading
所蔵情報
Loading availability information
タイトルが類似している資料

類似資料:

1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 

荒木, 一視(1964-), 林, 紀代美(1974-)

昭和堂

藤田, 結子, 北村, 文(1976-)

新曜社

小林, 浩二(1946-)

古今書院

石井, 英真(1977-), 渡邊, 洋子(1959-), 高見, 茂, 田中, 耕治(1952-), 矢野, 智司(1954-), 稲垣, 恭子(1956-)

協同出版

箕浦, 康子(1939-)

ミネルヴァ書房

木村, 周平, 杉戸, 信彦(1978-), 柄谷, 友香(1972-)

古今書院

市野沢, 潤平(1971-), 碇, 陽子(1977-), 東, 賢太朗(1976-)

ミネルヴァ書房

山口県立大学国際文化学部フィールドワーク実践論チーム

みずのわ出版