1.

図書

図書
初宿正典 [ほか] 著
出版情報: 東京 : 有斐閣, 2014.3
シリーズ名: 有斐閣アルマ ; Interest
所蔵情報: loading…
2.

図書

図書
初宿正典 [ほか] 著
出版情報: 東京 : 有斐閣, 2000.3
シリーズ名: 有斐閣アルマ ; Interest
所蔵情報: loading…
3.

図書

図書
初宿正典 [ほか] 著
出版情報: 東京 : 有斐閣, 2020.3
シリーズ名: 有斐閣アルマ ; Interest
所蔵情報: loading…
4.

図書

図書
初宿正典 [ほか] 著
出版情報: 東京 : 有斐閣, 2005.3
シリーズ名: 有斐閣アルマ ; Interest
所蔵情報: loading…
5.

図書

図書
初宿正典 [ほか] 編集委員
出版情報: 東京 : 成文堂, 2008.9
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
上巻: 権力分立論再訪 高橋和之著
ドイツ「市民的法治国」原理と緊急権 : 合囲状態(Belagerungszustand)から独裁(Diktatur)へ 長利一著
宮沢俊義の国民主権論と国家法人説 時本義昭著
科学技術と民主主義 : 憲法学から見た「市民参加」論 中山茂樹著
レーンキスト・コートと連邦主義 松井茂記著
合衆国憲法修正一四条五項に基づく議会の立法 : 裁判所の憲法、議会の憲法、人民の憲法 木南敦著
アメリカにおける連邦裁判官選任手続の一側面 : 裁判官の適格性とは何か 高井裕之著
「テロとの戦争」と合衆国最高裁判所二〇〇一‐二〇〇七 : Hamdan v. Rumsfeld, 126 S. Ct 2749(2006)を中心として 松本哲治著
ドイツにおけるイスラームのスカーフ禁止 手塚和男著
議会制の意義 : 近年のドイツにおける議会制擁護論 高田篤著
立法府の機能をめぐる課題と方策 大石眞著
行政組織編成権について : 憲法学の観点から 上田健介著
付随的違憲審査制における下級審の役割・考 : 国公法・社会保険事務所職員事件を素材として 市川正人著
司法権を「法律ニ依リ」行うこと 須賀博志著
司法審査制導入の背景に関する一考察 : 司法制度改革を契機にして 釜田泰介著
「法の支配」論議からみた司法制度改革 田中成明著
下巻: 憲法一二条にいう「責任responsibility」の意義 吉田栄司著
二重の基準論の意義と展開 : 「二重」は「三重」ではない 君塚正臣著
軟性憲法による権利保障に関する一考察 : ニュー・ジーランドにおける同性愛者の権利を素材に/ 藤井樹也著
プライバシーの権利と個人情報の保護 : 情報財の保護か自由な流通か 阪本昌成著
憲法一三条と自己人生創造希求権 竹中勲著
人格的自律権論に関する覚書 土井真一著
プライヴァシーの権利における公法と私法の区分の意義 浅野有紀著
立候補の自由についての若干の覚えがき : 基本法第四八条に手がかりを得て 初宿正典著
公務員の政治的行為の自由と「合理的関連性の基準」 長岡徹著
表現の自由をめぐる近年のドイツ連邦憲法裁判所判例 毛利透著
違憲審査基準としての「明白かつ現在の危険」基準・再考 木下智史著
視聴覚メディアの自由と反論権法の展開 曽我部真裕著
宗教の公益性と憲法 田近肇著
生存権と「制度後退禁止原則」をめぐって 棟居快行著
「政府給付(government benefits)」と司法権 : 「行政国家」における司法審査の一側面 尾形健著
選択の自由と養教育制度・支援 米沢広一著
上巻: 権力分立論再訪 高橋和之著
ドイツ「市民的法治国」原理と緊急権 : 合囲状態(Belagerungszustand)から独裁(Diktatur)へ 長利一著
宮沢俊義の国民主権論と国家法人説 時本義昭著